お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.0985-29-3111

お知らせ

NEWS

全美連 総合福祉共済制度「特別給付金」入院療養見舞金における新型コロナウイルス感染時の請求について(対象者の変更)

公開日:2022年09月29日

 現在、全美連 総合福祉共済制度「特別給付金」につきまして、加入者が新型コロナウイルスに感染した場合、入院に限らず宿泊・自宅療養にも給付金をお支払いしておりますが、令和4年9月26日により政府の新型コロナ対策の方針が変更され、療養期間の短縮や全全数把握が見直されることとなりました。
 そのため、令和4年9月26日以降に新型コロナウイルスの感染が診断された方は、「特別給付金」の入院療養見舞金は、重症化リスクの高い方のみ対象(その他の感染者は対象となりません)となります。

 
 【令和4年9月26日以降に新型コロナウイルスに感染と診断された方で、
     以下の重症化リスク高いのみ「特別給付金」の入院療養見舞金が請求可能です。】

 (重症化リスクの高い方)
  ●65歳以上の方
  ●入院を要する方
  ●重症化リスクがあり、所定の新型コロナウイルス感染症治療薬の投与
   または新型コロナウイルス感染症罹患により酸素投与が必要な方
  ●妊娠されている方

 (請求に添付する書類)
  ●病院発行の「診断書」「領収書」「入院療養計画書」「退院証明書」等
  ●保健所発行の「就業制限通知書」「宿泊・自宅療養証明書」等
  ●MyHERーSYSで表示した「療養証明書」

  ※また請求書に記載したいただく療養期間について、政府の方針として今後、有症状の方は7日間の療養、無症状の方は5日間の療養に短縮される予定でありますが、特別給付金の請求書に記載する日数は一津、陽性が判明した日から10日間で計算してください(30日以上の場合を除く。
   
  ***今後も取扱いについては、変更になる場合があります。***
  何かご不明な点がござましたら、
    宮崎県美容組合事務局まで(℡0985-29-3111)まで
  

このページの先頭へ